肌のハリ・弾力を作る美容医療

加齢とともに失われていく肌のハリや弾力は、美容医療によって治療することができます。 美容医療には美容外科・美容形成外科・美容皮膚科・美容整形外科などがあり、有資格の医師が医療用具を使用して美しい肌作りや容姿作りを行なうものです。 ここでは肌のハリや弾力を作る美容医療についてご紹介していきます。

フェイスリフトは美容医療の代表的な顔の若返り施術で、こめかみ部分などの皮膚を切開し余分な部分を引き上げて縫合することにより、たるんでハリや弾力のなくなった肌を改善する方法です。

最も改善効果の高いフルフェイスリフトは、顔のこめかみや耳の前後、髪の生え際など傷跡の目立ちにくい部分を切開し、たるんだ皮膚や筋肉組織を引き上げて縫い合わせる方法で、1回の手術で顔や首、アゴのたるみを改善することができます。 最近では、さらに効果の高いリガメント法が開発され、皮膚や筋肉組織だけでなく顔の靭帯部分(リガメント)までも引き上げる施術が人気となっています。

同じくメスを使って切開を行なうフェイスリフトとしては、部分的なたるみを改善するミニリフト、フェイスリフトとミニリフトの中間的な施術となるミディアムリフト、目の周囲のたるみを解消するこめかみリフト、額のシワやたるみを解消する額リフト、首部分のたるみを解消してハリのある肌へと導くネックリフトなどがあります。

最近、メスを使用しないフェイスリフトとして人気があるのが、皮膚や毛穴のたるみを改善してハリのある肌を作るゴールデンリフト(金の糸リフト)です。 ゴールデンリフトは、極細の針を用いて皮下(皮膚の真皮層)に純金(24金)の糸を埋め込む方法です。 金糸を皮下に格子状に埋め込むことにより、真皮層が損傷を回復して細胞を増加させようとして線維芽細胞が活性化し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が生まれることによって肌のハリや弾力が生まれます。